yokohama

初めまして。 株式会社gambaの事業開発担当のきしだです。
このブログ、gamba流(ガンバル)の編集長を務めさせて頂きます!よろしくお願いします。

gamba!は横浜のベンチャー企業で、2013年10月に正式サービスインしたばかりの日報に特化した社内SNSを少数精鋭の熱い(あつくるしい?)スモールチームが一丸となって提供しています。

このブログでは、そんなgamba!を運営している我々が得たノウハウや、マネジメントに役立つ情報や日報の活用方法などをお伝えできればと思ってます!
それから、ヨコハマに本社を置く企業として横浜の魅力も織り交ぜてお伝えしていくのでよろしくお願いします。



 

さてさて、前置き長くなりましたが、初回はここ数年、企業内の情報コミュニケーションツールとして注目されている社内SNS導入を成功させるコツをまとめてみたいと思います。 


実際に社内SNSがうまく機能したら、売上があがったり、業務改善できたり、人材が急成長したりと様々なリターンを得ることが可能です。以下はgambaの導入事例の一部です。
これらは社内SNSが上手く機能するとこんなにも大きな変化を起こすことが可能だという実例です。

bn_320-100_B

社内SNSの導入時に注意すべきこと

10per

社内SNSは、上手く活用することで、組織内の情報が上手く循環したりモチベーションを上げたり目標達成への意識を変えることもできるマネジメントツールです。
ですが、社内SNSは導入すれば良いというものではないというデータがあります。
これは昨年の米国Gartner社の調査結果なのですが、1,000以上の企業を対象としたの調査結果で、

70%の企業/組織でソーシャルネットワーク技術を導入したが、大部分は目的の不足のために失敗、成功しているケースは10%程度



実際にgambaを導入しているお客様から、以前使っていた社内SNSは過疎化して上手く行かなかったという話を聞きました。

ちなみにgamba!はなんと導入後のアクティブ率が約80%超です!
それは、なぜかというお話はまたの機会に。。。

さて、導入失敗の要因を簡単に言うと、 

「社内のコミュニケーションを円滑にするために、社内SNSを導入したからみんな使ってね」

という、器つくって、魂入れず」で放置した結果失敗しているのです。


では、どうすればよいのか?

社内SNSでは、

  • ノウハウの共有 
  • 競合・市況などの共有
  • 自社サービスの改善案共有
  • 業務進捗の共有
  • 日報

といった業務に関わる「情報」を共有するという目的を持たせます。

そして、これが大事です。

社内SNSの導入が上手くいっている企業にヒヤリングしてみたのですが、
  1. 社内SNSの運用ルール決め、
  2. 使ってほしい人たちに全員に伝える
この2つのアクションをほとんどの企業がちゃんとやっていました。

みなさんは導入に失敗した90%の企業の仲間にならないためにも、
ぜひこの2つのアクションを確実に実行して下さい。

少し長くなりましたので、今回はこのあたりで。


さて、次回は今回ご紹介した
  1. 社内SNSの運用ルール決め、
  2. 使ってほしい人たちに全員に伝える
この2つのポイントをもう少し掘り下げ、
」ということで、
どんな運用ルールが良いのかなど、まとめてみたいと思います。




社内SNSは、

いつもの対面コミュニケーションと上手く組み合わせて使うことで、

時間や距離を短縮したり、
日頃は表面化していなかった問題やチャンスを見つけたり、
人材育成をスムーズにするなど


などなど様々なメリットを生み出します。

リーダーの皆さんはぜひ社内SNSうまく活用して頂ければと思います。
gamba!もよろしくお願いします!




この記事の投稿者: gambagamba