gamba流(ル)編集部の大島です。普段はgamba!の市場調査や取材など担当しています。
以前は広告会社の会社役員をしていて営業経験は豊富?と自負していますが、編集やライター業などgamba流(ル)編集部の仕事は駆け出しの身ですw

今回はそんな私から「ドラクエに例える営業マン育成方法」 と題しまして、3話に渡る連載シリースで「営業マン育成法」をお届けします。
毎日毎日、朝早くから夜遅くまで必死に働く経営者の方々並びに管理職の方々へ、即効性の高い営業マン育成方法を解説したいと思います。
所々に登場するyoutubeのボタンを押してなつかしのメロディーを聴きながら、最期(第三話)までご覧頂ければ幸いです。

第一話: 営業マンは勇者ロトである






ドラクエストーリーから何を学びますか?

多くの子供たちや若者が夢中になったそのゲームの名は「ドラゴンクエスト」
ドラクエの誕生は1986年(昭和61年)5月27日です。(参考資料:ドラゴンクエスト - Wikipedia
「オレも年とったなぁwww」と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
ちなみに私はその一人ですw
そして「夢中になってゲームしていたな!」というご経験のある方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

なぜドラゴンクエストはあんなに大ヒットしたのでしょうか?

こんな本まで出ています。
この本の題名からも感じられた方は多いと思いますが-
実はこのドラゴンクエストには、最強の営業マンを育成する方法が隠されているのです。
第一話では隠された秘密について解説いたします。

bn_320-100_B

隠された秘密とは



皆さんの会社の方全員に聞いてみて下さい。

  1. ドラゴンクエストいう名前を知っている
  2. ドラゴンクエストをやったことがある
  3. ドラクエの事なら朝まで語れます!

3は別としまして(笑)
1は恐らくほぼ全員が答えられるのではないでしょうか?

1止まりの方は、この育成方法から除外してください。
2もしくは3に該当する方には、今回ご紹介する営業マン育成方法がとても効果的に効力を発揮することでしょう。

なぜならば・・・

伝わり方が全然違う!

からです。

要するに人材育成で失敗する最大の原因は

「あなたの意図が営業マンに正確に伝わらないこと。」

にあります。

ドラゴンクエストという双方が共通して体験したゲームに使われた用語やストーリーを交えてコミュニケーションを取ることにこの育成方法の意味があります。

例)逃げるボタンばかり押しているんじゃない!

これはアポイント取りや顧客訪問を怠り、成果の上がらない営業マンに向けた言葉です。

そうなんです。
ドラゴンクエストの勇者ロトは闘ってレベルを上げています。
営業マンも戦わないとレベルが上がらないのです。

ニュアンス、そしてユーモアさが、最先端で苦労する営業マンの心のダメージを和らげることにもつながり、そして管理者の激励に対する理解度(なぜ成績が上がらないのか)の向上にもつながります。

ドラゴンクエストという共通の経験を通じて営業マンをレベルアップさせる。

ここに最強の営業マンを育成する方法が隠されているのです。

経営者、そして管理職の皆さん!
勇者ロトを探し出して育てることが出来ますか?



褒めたり叱ったり。
経営者や管理職の方は、毎日大変な思いをされて営業マンを育てていらっしゃると思います。

ウダツが上がらないでずっと下を向き、病人のように仕事をしている営業マンは社内にいませんか?

そんな時は、この曲を聞かせてあげてください。

  

戦闘モードに入った営業マン・勇者ロトに変貌するかもしれません(笑)

勇者ロトも営業マンも、
戦わなければレベルは上がらないのです。
戦闘1

戦いを続け、竜王を倒せる勇者ロト(レベル20?)をどのように育てるのか?
竜王変身後
第2話ではもう少し具体的に、ドラクエ営業マンの育て方を解説したいと思います。

 

この記事の投稿者: 大島 克之​大島 克之​