gamba流(ル)編集部の大島克之です。
普段はgamba!の市場調査や取材など担当していまして、このブログにもたまに登場します。

前回は「ドラクエに例える営業マン育成方法」と題しまして第一話を書かせて頂きました。
覚えていらっしゃいますか?
今回はその続編、第二話をお届けします。
前回よりは若干突っ込んだ内容になるかもしれません(謎)

第二話:冒険のはじまり、ラダトーム王の言葉に学ぶ営業マンへのミッションの伝え方

ドラゴンクエストもシリーズがたくさんありますので「どのシリーズの話しをしているの?」と、選択肢にお困りの方はいませんよね?
私はドラクエシリーズⅠ~Ⅲ(しかも昭和の旧作)しかやったことがありません・・・
ドラクエに例えるとは言っておりますが、ドラゴンクエストⅠを中心に、営業マン育成方法を解説していきたいと思います。
まずはこちらの「なつかしの動画」から。最初の数分をご覧下さい。


FC版ドラゴンクエストⅠ プレイ動画part1 旅立ち

勇者ロトのミッションとは

ゲームスタート一番最初、王様から勇者に告げられるシーンを振り返りたいと思います。
ラダトーム王「おお (A)! ゆうしゃロトの ちをひくものよ! そなたのくるのをまっておったぞ。
その むかし ゆうしゃロトが カミから ひかりのたまをさずかり まものたちをふうじこめたという。
しかし いずこともなくあらわれた あくまのけしん りゅうおうが そのたまを やみにとざしたのじゃ
このちに ふたたびへいわをっ!
ゆうしゃ (A)よ! りゅうおうをたおし そのてから ひかりのたまをとりもどしてくれ!
わしからの おくりものじゃ! そなたのよこにある たからのはこを とるがよい!
そして このへやにいる へいしにきけば たびのちしきを おしえてくれよう。
では また あおう! ゆうしゃ (A) よ!」
この頃(1986年)のゲームは、今のように技術が発達していなかったのですね。
全てが平仮名表記ですw

現代風に置き換えてみたいと思います。
ラダトーム王「おお!勇者ロトの血をひく者よ!そなたの来るのを待っておったぞ。その昔、勇者ロトが神から光の球を授かり魔物たちを封じ込めたという。しかし何処ともなく現れた悪魔の剣士竜王がその玉を闇に閉ざしたのじゃ。この地に再び平和をっ!
勇者ロトよ!竜王を倒しその手から光の玉を取戻してくれ!
わしからの贈り物じゃ!そなたの横にある宝の箱を取るがよい!
そしてそしてこの部屋に居る兵士に聞けば旅の知識を教えてくれよう。
ではまた会おう!勇者ロトよ!」
なんとも使命感溢れるスタートですね!

勇者ロトのミッションとは ⇒ 竜王を倒すこと。

こうしてラダトーム王からミッションを告げられた勇者ロトは、使命を全うする戦いへと旅立ちます。 
bn_320-100_B

新入社員のミッションとは?

このシーンを新入社員として入社した営業マンに置き換えてみましょう。
ここでは新入社員を「克之君」とします。
管理者「おお!克之よ。あなたの入社を待っておったぞ。このプロジェクトは企業の日報の価値観を大きく変える巨大プロジェクトなのだ。そなたの営業力を存分に発揮して社内SNS型の日報ツール gamba!をまずは国内に普及してほしいのだ。gamba!を使った企業が益々発展することを期待しようじゃないか!
克之よ!社内SNS型の日報ツール gamba!を普及させて、会社の発展の為に頑張ってほしい。
わしからの贈り物じゃ!そなたの横にある宝の箱を取るがよい!そしてそしてこの部屋に居る先輩社員に聞けば社内SNS型の日報ツールgamba!の知識を教えてくれよう。ではまた会おう!わしからの贈り物じゃ!そなたの横にある宝の箱を取るがよい!
そしてそしてこの部屋に居る先輩社員に聞けば
社内SNS型の日報ツールgamba!の知識を教えてくれよう。ではまた会おう!わしからの贈り物じゃ!そなたの横にある宝の箱を取るがよい!そしてそしてこの部屋に居る先輩社員に聞けば社内SNS型の日報ツールgamba!の知識を教えてくれよう。
ではまた会おう!
克之よ!」

チョッと極端な例になってしまいましたが、

克之君のミッションとは ⇒ gamba!を普及させること。

と、いった感じでしょうか。 

ではここから「営業マン育成法」に入ります。

ドラクエに例える営業マン育成方法のお話の中では
  • ラダトーム王=経営者又は管理職の方
  • 勇 者  ロ ト =新入社員の営業マン
の役柄で、紹介を進めていきます。

ドラクエに学ぶ
入社初日の営業マンへ”的確にミッションを伝える”方法

入社初日は営業マンに限らず、誰でも緊張していますよね?

「どんなことでも貪欲に吸収しよう!」

一番緊張する初日ほど、向上心に溢れています。

経営者又は管理職の方、この絶好の機会を有効に活用できていますでしょうか?

入社初日で吸収力MAXの営業マンへ、ラダトーム王の言葉をあなたの会社風に置き換えて、管理者から伝えてみて下さい。

このように定型化しておくと便利かもしれません。
  1. フルネームで名前を呼んであげる。
  2. 新入社員に対する期待感を伝える。
  3. 会社の製品やビジョン、そしてやりがいを伝えてあげる。
  4. 新入社員のミッションや最終目標をしっかりと伝える。
  5. 分からないことは遠慮なく先輩社員に聞くように安心を伝える。
~ 解 説 ~
個人の存在を尊重する意味を込めて、フルネームで呼んであげると良いと思います。
「自分はこの会社の偉い人に名前を覚えてもらっている。」
小さなことのようにも見えますが、こうした細かな気配りは大切です。
また新入社員は、社内の人間関係作りから始めなければいけません。
先輩社員には「しっかりと面倒を見るように。」という上司からのプレッシャー?があっても良いかもしれません。

★ ポ イ ン ト 
管理者の頭の中だけではなく、実際に書き出してみることが大切です。
今までの発想の具体性のなさが見えてきたりします。

~まとめ~

第二話でお伝えしたかったことは、新戦力として期待される新入社員に

キミに会社が求めるミッションはこれです!

ということを、一番吸収力の高いタイミングで”的確にミッションを伝える”ことにあります。 
何ごとも最初が肝心ですから。

中小企業で働かれる経営者や管理職の皆さま、新入社受け入れの準備はいかがでしょうか?
  1. 入社手続きに伴う業務的な仕組み ⇒ 大丈夫!
  2. 会社で働く目的を自覚してもらう仕組み ⇒ どうだったかな?
「2」が手薄と感じた管理者の方は、ラダトーム王の振る舞いを真似てみると良いと思います。

「ドラゴンクエスト、やったことある?ラダトーム王の真似じゃないけど-」

こんな切り口でユーモアさを交えつつ、あなたの思いがしっかりと伝わる言葉を投げかけてあげて下さい。これは営業マンに限らず、新入社員の方全てに当てはめても良いことです。


476064791 (1)


第三話では、ドラクエの旅立ちから学べる、純粋な新卒営業マンと、ちょっと腕の立つ中途入社の営業マン育成方法についてお伝えしたいと思います。
 
この記事の投稿者: 大島 克之​大島 克之​