facebookcp


どうも、gambaの岸田です。
最近、Facebook広告って効果あるの?
という事をよく質問されます。

Facebookで日報共有サービスgamba!の広告をよく見かけるからだとおもいます。


fbadsample


実はgamba!では、Facebook広告の他にも
AdWords、Twitter広告などを運用してみたのですが、
これらの広告の中で最もパフォーマンスのよい広告がFacebook広告でした。
bn_320-100

Facebook広告は超優秀!CPA効率は他広告を圧倒 

gamba!は一般消費者向けのサービスではなくB2BのWEBサービスです。 WEB上だけで申し込みが全て完結します。
また、gamba!の広告をご覧頂きたい層は、中小企業の経営者や管理職の方です。
そういった方に広告をご覧頂き gamba!のホームページにてトライアルのユーザ登録をしていただくため、このWEBでの登録を成果地点(コンバージョン地点)として検証を行っています。

まとめると・・・
商材:WEBで申し込みが完結するB2BのWEBサービス
   キーワード検索する人はあまりいない商材
広告を見てもらいたい人:中小企業の経営者や管理職の方
成果地点gamba!のホームページにてトライアルのユーザ登録

と、こんな前提の事例であることを念頭にデータをご覧ください。

gamba!の広告の運用成果を公開!

これはFacebook広告(コンバージョン)、Twitter広告、Adwords(プレースメント主体)のとある一週間の実績です。

ad


CPA(顧客獲得単価)をみていただきたいのですが、
Facebook広告は他2つ広告と比べて3〜4倍の成果を上げていることがわかります。

もちろん、広告予算や何を売って、誰がお客様なのかなど、
条件変われば成果も変わるので、参考としてご覧頂ければと思います。


Facebook広告のオーディエンス設定はスゴイ!

20140701185258



Facebook広告のCPAがTwitterなどと比べ良い結果を出している要因としては、
ほかの広告より広告を掲載するお客様を絞り込む機能(オーディエンス機能)が優秀だからと考えています。 (少なくともgamba!のお客様を絞り込むという面では)

gamba!の場合はFacebook広告で、
前述した中小企業の経営者や管理職というお客様を含むオーディエンス設定が出来た結果、
AdwordsやTwitterと比較してムダなクリックが減りCPAを低く抑えることに成功しました。

お客様の業種や職種や役職をイメージできるようなケースでは
Facebookのオーディエンス設定はとても有効に機能するのではないかと思います。


Facebook以外の広告も使い分けが大事

どのような結果を求めて広告を出すのかによりますが、gambaで出した広告の場合は
  • Adwordsは圧倒的な在庫量でPVとクリックを獲得できた
  • Twitterはクリック単価が安く、特にアプリのダウンロードに繋がった
  • Facebookは、オーディエンス(お客様)を絞込んだ効率のよい広告ができた
という結果がえられました。

gamba流のFB広告運用のポイント

adsp

最大のコツは、少額運用の継続で、仕様変更とお付き合いしてノウハウをためるということです。
もう一つは、判断基準をつくってPDCAサイクルを高速で回すこと。
この他にも幾つか注意していることがあります。

もし、この記事が少しでもお役にたちましたら、
gamba広告担当へのエールとして・・・
ぜひ、この機会にgamba!のHPもみてください。

この記事が好評だったので、
調子に乗ってgamba流のFacebook広告運用術も公開しちゃうかもしちゃいました。

実際にコンバージョン1,000件を獲得したFacebook広告運用のコツを公開!

では!

 
この記事の投稿者: gambagamba